• ホーム
  • EDの薬にもジェネリックはある?

EDの薬にもジェネリックはある?

考えている男性

EDになると男性器の十分な勃起ができず、パートナーとの満足な性行為ができなくなります。
自分が満足できなくても良いしても、パートナーに不満が溜まるので、放置せずに治療をすることが大切です。
EDの原因は器質性や心因性など種類がありますが、治療するには泌尿器科か専門のクリニックに通うことで、勃起ができない症状を改善することが可能です。
現在の病院で処方される治療薬は成分で分けて3種類が存在し、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つから自分で選ぶことができますが、身体と治療薬との相性によってはどれか1つだけしか選べないということもあります。
ED治療は健康保険が適応されないため、治療も薬の処方も全てが自己負担となるため、意外と高額な医療費がかかることになります。
とはいえ、バイアグラは特許が切れていることから、ジェネリック医薬品が製造され、国産品も出回っているので、病院によっては処方してもらうことも可能です。
バイアグラジェネリックのカマグラゴールドは安全性も高いのが特徴で1錠あたり1,000~1,200円ほど、新薬やレビトラ、シアリスは1,500~2,500円の価格となっており、頻繁に使うには少々高い値段と言えます。
レビトラ、シアリスは現在のところ、特許が切れておらずジェネリックは販売されていませんが、インドの製薬会社からは、同じ成分を使用したコピー品が製造され海外で流通しています。
海外製のジェネリックやコピー品は、日本で購入するよりも安く販売され、1錠あたり300~500円ほどで購入が可能です。
また、高濃度の容量で出回っているので、ピルカッターなどで分割して、自分の体に合った容量に調整することで、1回使用する分の薬価を安く抑えることが可能です。

ジェネリック医薬品に注目するならシアリスのジェネリック医薬品はコストパフォーマンスに優れているといえます。
シアリスのジェネリック医薬品であるタダシップはシアリスより遥かに安い値段で購入することができて、効果の持続時間はそのままという非常に優秀なED治療薬になっています。
購入する通販サイトによっては大量に購入することで更に値段を安くすることもできるので、タダシップの通販情報をチェックして最安値を探してみましょう。